家庭に太陽光発電を設置するメリットとデメリットは?家庭用の太陽光発電の基礎知識を解説します

現在注文住宅を建てる計画があるけれども、オール電化住宅にしたいときソーラパネルの設置も併せて検討するケースは多いのではないでしょうか。
オール電化は文字通りエネルギーを電気だけのするライフスタイルになるものですが、夜間の電気代は安くなるけれど日中は高くなるなど、それを回避することができるのが太陽光発電システムです。
しかし、家庭にこのような設備を導入して得られるメリットは分かるけどデメリットには何があるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

家庭に太陽光発電を設置するメリットとデメリットは?家庭用の太陽光発電の基礎知識を解説します

太陽光発電システムは家庭用と産業用の2に分かれていますが、家庭用と産業用の大きな違いは総発電量で一般家庭で利用する太陽光発電システムは総発電量が10MWh未満です。
メリットとしては自宅で発電ができて家電品を使えること、停電になったときでも電気が使えますし蓄電池を併用すると夜間の電力で利用することも可能です。
このような基礎知識をえておくときにはデメリットについてもしっかり把握すること大切で、設備機器には寿命があることやメンテナンスをしないと寿命が早く訪れるなどが挙げられます。

家庭用の太陽光発電を使うメリット

現在、太陽光発電を導入する家庭は年々増加していますが、家庭用太陽光発電の導入は初期費用がかかるものの、電力会社から購入する電気が抑えられるので電気代の節約につながります。
加えて、余剰電力を電力会社へ売電することで収入を得ることも可能です。
また、電気代は年々上昇しており、今後も上昇していくことが予想されていますが、太陽光発電を導入していればその影響を受けることがありません。
停電時にも電気が使えるのもメリットのひとつです。
太陽光発電システムのパワーコンディショナーに備わっている自立運転機能を使えば、災害などで停電が発生しても電化製品を使うことが可能です。
家庭用蓄電池も併せて導入しておけば、発電できない悪天候や夜間でも電気が使えます。
さらに、ソーラーパネルを屋根に設置すると、夏場は屋根からの熱を遮断してくれます。
逆に冬場は屋根を通して室内の熱が逃げにくくなるので、夏は涼しく冬は暖かい環境を得ることが可能です。

家庭用の太陽光発電を使うデメリット

太陽光発電は、家庭用で導入するときにデメリットも考慮しておく必要があります。
太陽光発電というのは、その名前の通り太陽光という再生可能エネルギーを利用します。
太陽が存在している限りは、ほぼ無制限に利用できるものとしてエネルギー効率の良いものと重宝されています。
しかし、現実的な問題として常に太陽光が地球上で就航できるというわけではありません。
地球上には天候が存在しますので、雨が降ったり雲が覆いかぶさってしまうと、現実的に太陽光を電力に帰ることができなくなるからです。
また、導入コストが必要になるという点も見逃せません。
太陽光発電を導入する場合には、家庭用であっても数百万円単位のお金が必要になります。
もちろん、継続的に利用し続けると投じた分だけのコストは十分に回収できる可能性はありますが、それには長期的な判断が必要です。
これらのバランスを考慮しながら、計画を立ててきちんと太陽光発電を有効活用できるようにしなくてはいけません。

家庭用の太陽光発電の選び方について

これから太陽光発電を設置しようと考えている方が多くいると思われます。
電気料金が高くなっているので自分たちで使う電気は自分で作ることができれば電気代をかなり抑えることができますし、環境に配慮した発電方法の電気が使えることもメリットです。
家庭用太陽光発電もいくつか種類があるため、よく比較して決めることが重要になります。
選び方は住んでいる地域に合わせて選ぶことです。
気温が高い地域であれば高温に強いパネルを選んでください。
シリコン系のパネルは高温に弱い特性があり、高温化では発電効率が低下してしまいます。
また、雪が多い地域は雪が積もっても故障が少ないタイプがおすすめです。
比較する際は、実際に利用した人の意見も参考にしてみてください。
利用してみないと分からないことがあるので、参考になる情報が得られます。
費用の安さを重視している方がいますが、それだけで決めるのは評価できないです。
選び方次第で、太陽光発電の良さが大きく変わります。

太陽光発電を家庭用に設置する際の費用について

自分たちで使う電気は自分で作ろうと考えて、家庭用の太陽光発電を設置しようと考えている方がいるかと思われます。
夜間や電気が悪い日には発電できないデメリットはありますが、それでも電気料金を安く抑えることができるため、導入するメリットが十分あるので検討してみるべきです。
家庭用の太陽光発電の費用は100万円から150万円が相場です。
初期費用は7年から10年で回収できると言われているので、数十年使用するのであればお得な発電方法だと評価できます。
また、国や自治体の補助金を利用できるので、積極的に活用することをおすすめします。
注意点は太陽光発電も故障するリスクがあることです。
故障して修理となると数十万円もかかってしまうので、保険に加入して備えておくことが望ましいです。
購入する前に故障した際にどうなるか聞いておくことが求められます。
特に自然災害に弱い特徴があるので、台風や地震が多い地域はリスクが高いです。

著者:種村敏広

筆者プロフィール

島根県松江市生まれ。
地元の電力会社に長年勤務。
太陽光発電のメリット・デメリットについてまとめました。
島根 蓄電池